【画像あり】アルファGPCビオを飲むと1年間で何センチ背が伸びる?

アルファGPCビオを1年間飲むと何センチ背が伸びる?

アルファGPCビオ

 

クラウディアから発売された背伸びサプリメント「アルファGPCビオ」。

 

発売以来15万箱を突破した話題のサプリメントですが、親御さんが気になることと言えば、1年間何センチ背が伸びるのか?と言うことではないでしょうか。

 

そこでここでは、アルファGPCビオを実際に試した親御さんの口コミから、何センチ背が伸びるのか?調べてみました。

 

さらに、我が家の息子が5年間飲み続けた結果もお伝えします!

 

これからアルファGPCビオの購入を考えている親御さんはぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

アルファGPCスーパーを飲むとどのくらい背が伸びる?

 

それでは早速、実際にアルファGPCビオを試して何センチ背が伸びたのか?口コミを見てみましょう。

 

これから先が楽しみです(小6男子)

 

アルファGPC bio(ビオ)を飲んでから、半年経ちました。子どもの身長が6cm伸びました!凄いですね。疑い深い私も、数字を見せつけられると納得するしかないです。

 

停滞気味の身長が伸びた(中2男子)

 

身長が停滞気味だったのでアルファGPCスーパーを試してみました。1年で10cm伸びたら伸びたので伸び率はいいと思います。170cm超したら少し安心かなぁ〜と思っています。

 

これからに期待!(中1男子)

 

スタート時に151p。アルファGPCスーパーを飲み始め半年経過して156p。まだまだ思春期も迎えてない状態。いわゆる声変わりなどの変声期の兆しもサッパリ^^;こういう経過状態での半年間で5pは大きいですね。

 

いいペース(中1男子)

 

ウチの長男、中1ですが、インドア派で運動嫌いなせいか、背が低いんですよね。中学入学時の測定は、140.5センチだったようです。そして、3ヶ月経過した今は144.5センチ!自宅測定なので、正しくないかもしれませんが、伸びてる!!これからの伸びに本人も、私もとっても期待しています!

 

SNSでの口コミは?

 

 

 

 

このように、アルファGPCビオを飲み始めて「身長がグン」って伸びた口コミもたくさんあります。

 

口コミを調べてみると、1年間の身長の伸びの平均は10〜12cmくらいが一番多いようですね。

 

アルファGPCビオを飲み始めている年齢が「成長期」に入っているので、アルファGPCビオの効果が全てではありません。

 

我が家の息子の身長の伸びは?

 

小6の小さめ細マッチョな息子。よく食べ、よく運動し、よく寝ています。でも小さいんです・・・。

 

で、アルファGPCビオは小5から飲み始めました。

 

その結果・・・

 

身長の伸び

 

4年生 122.8cm
5年生 129.5cm
6年生 140.5cm

 

1年間で約11cmも身長が伸びてくれました!

 

この数字に親子だけでなく、担任の先生も驚いていました。

 

※追記

 

我が家の場合も成長期に入っていたので、アルファGPCビオの効果かは分かりませんでしたが、中学生になっても続けて飲んでいます。

 

その結果・・・

 

アルファGPCビオ

 

中学1年 151.6cm
中学2年 160.5cm
中学3年 170.7cm

 

中学1年〜中学2年の伸びは9cmくらいでしたが、中学2年〜中学3年の伸びは10cmと、中学校での目標であった170cm台には何とかなりました^^;

 

小学校の頃は、同級生と並ぶといつも小さかった我が息子ですが、今は「大きな方」になって、本人も喜んでいます。

 

我が家は、アルファGPCビオの前に発売されていた「アルファGPCスーパー」から5年間お世話になりましたが、特に副作用もなく安心して飲むことができています。

 

 

 

アルファGPCビオは成長期に飲ませると効果的

 

私たちの体は、一生の中で身長がグンと伸びる時期が2回あります

 

まず初めに伸びる時期が、新生児から生後2年までの「第一次成長期」。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの身長は約50cmくらいですが、1年後には身長が70〜80cmにまで急激に成長します。

 

4歳になる頃には、新生児の約2倍近くに身長が伸びます。

 

で、次に身長が伸びる時期が10〜14歳の「思春期」と呼ばれる「第二次成長期」です。

 

子どもの身長の伸び

 

この思春期は、男子も女子も身体的に大きく変化していく時期で、男子ならヒゲが生え始めたり、女子なら胸が膨らんだりするなど「性による体の変化」が現れる大事な時期を迎えます。

 

この思春期と呼ばれる第二次成長期は、男子なら1年間に約10〜12cm、女子なら約8cmも身長が伸びる時期です。

 

成長ホルモンの分泌量

 

 

この時期を「成長スパート」と呼びます。


 

この成長スパートを過ぎると身長の伸び幅は徐々に減少し、一般的には男女とも18歳頃には身長の伸びは止まってしまうのです。

 

成長には個人差があり、早い子では小学6年頃から、遅い子だと中学2年頃からというのも珍しくはありません。

 

思春期には成長ホルモンの分泌量が増える

 

上記でもお伝えしたように、成長期には個人差があるので自分の子が小さくても心配する必要はありません。

 

ただ、成長期には身長を伸ばす「成長ホルモン」の分泌量がグンと増える時期。

 

成長ホルモンの分泌量

 

思春期前期を100とすると、思春期後期は200まで増えます。

 

成長ホルモンは、脳の「下垂体」という場所から分泌され、骨の近くにある軟骨『骨端線(こったんせん)』に働きかけ、成長因子の生産を促します。

 

骨端線

 

そして、この成長因子の作用で骨が伸びその結果、身長が伸びていくのです。

 

アルファGPCビオに配合されている「アルファGPC」は、成長ホルモンを分泌する下垂体に働きかけることが分かっています

 

成長期というのは個人差はあれど、数年しかないことには変わりありません。

 

この短い期間にアルファGPCビオを使うことで、身長を伸ばすためのサポートをしてくれる可能性は非常に高いといえます。

 

身長が伸びるために必要な「3要素」とは?

 

アルファGPCビオを摂ることは身長を伸ばすために効果が期待できますが、さらに成長スパートをアップさせるには以下の事が大事。

 

  1. 適度な運動
  2. バランスの取れた食事
  3. 質の良い睡眠

 

この3要素が必要不可欠です。

 

適度な運動

 

骨は適度な刺激を与えることで強くなり、伸びていきます。

 

なので、小学校中学年から定期的に体を動かすことは骨や筋肉へ刺激が加わり、身長の伸びを促してくれる効果が期待できます。

 

 

1日1時間程度の運動が効果的です。


 

運動量が少なく、急激に体重が増えてしまうと「エネルギーが満たされている」と脳が勝手に判断し、成長ホルモンの分泌を止めてしまい、身長の伸びが止まってしまう可能性も。

 

適度な運動は、急激な体重増加も防ぐことができるので、身長を伸ばすためにはぜひ、取り入れて欲しいと思います。

 

ただし、この時期は骨が急激に伸びる時期でもあるので、無理な運動や過度な運動は骨や筋肉を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

バランスの取れた食事

 

身長を伸ばすために「食事」は大切です。

 

特に成長期は人生の中で最もカルシウムの吸収率が高くなる時期なので、カルシウムの摂取は大切です。

 

また、カルシウムの吸収率を上げるビタミンやたんぱく質、亜鉛、鉄分を摂るようにしましょう。

 

「骨が伸びる=カルシウム」のイメージがありますが実は、骨を伸ばすのはたんぱく質(コラーゲン)です

 

骨の伸びるメカニズム

 

ビルで例えると鉄筋部分が骨(コラーゲン)で、その周りをコンクリート(カルシウム)が覆っているイメージだと分かりやすいと思います。

 

身長を伸ばすためにぜひ、摂りたい食べ物

 

栄養素 食材
カルシウム 牛乳、乳製品、小魚、青菜など
ビタミンD きのこ、魚、卵など
たんぱく質 肉、魚、卵、大豆製品
亜鉛 牡蠣、牛肉、レバーなど
レバー、牛肉、あさり、ほうれん草など
コラーゲン 鶏肉(手羽先・手羽元)

 

これらをバランス良く食べることで、身長を伸ばすだけでなく健康な体がつくられるので、意識して摂るようにしましょう。

 

質の良い睡眠

 

「寝る子は育つ」という言葉があるように、睡眠は身長を伸ばすだけでなく、1日の疲れや傷ついた細胞を修復するのにとても大切です。

 

身長にフォーカスすると、睡眠中に成長ホルモンの分泌量は増えます。

 

睡眠中のホルモンの分泌量

 

寝始めから成長ホルモンの分泌が始まり、就寝2時間後にはピークに達し、就寝3時間を過ぎると徐々に分泌量は減ります。

 

 

成長期に必要な睡眠は8〜10時間です。


 

でも、睡眠で最も大事なことは「深い眠り」。成長ホルモンの分泌を促すには、深い眠り(質の良い睡眠)を確保するようにしましょう。

 

質の良い睡眠を取るには

 

  • 決まった時間に寝て起きる
  • 寝る前にスマホやテレビの画面を見ない
  • 寝る前に身体を温めすぎない
  • 寝る直前の激しい運動は避ける
  • 夕食やおやつは寝る2時間前までに

 

これらのこと気をつけて、質の良い睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌が促されるようになります。

 

まとめ

 

子どもの成長期は15年くらいかけてゆっくりと成長していきます。

 

しかし、第二次成長期といわれる期間は約2年間しかないので、この時期に「どれだけ身長をのばせるか」というのはとても大切です。

 

繰り返しますが、アルファGPCビオは成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できますが、それ以外の「運動・食事・睡眠」がきちんとできていなければ意味がありません。

 

アルファGPCビオは、あくまでもサプリメント。

 

サプリメントに頼るだけでなく、毎日の生活を見直すことで身長だけでなく、体や心の成長にもつながります。

 

子どもの成長は子どもだけでなく、親子二人三脚で取り組むことが大切なんですね。

 

 

 

page top