アルファGPCビオ|最小限の出費で得られる3つの効果とは!?

アルファGPCビオが人気の3つの効果に迫る!

アルファGPCビオ

 

アルファGPCビオは、子どもの成長に必要なホルモンの分泌を促してくれる効果があるそうです。

 

 

でも、「本当に効果があるのか?」「副作用がないのか心配になる」そんな口コミもあることも事実。

 

 

そんな親御さんのために、アルファGPCビオの情報をまとめてみました。

 

 

「子どもの身長を伸ばしてあげたい」と言う親御さんにおすすめの記事ですので、最後までじっくりと読んでみて下さいね。

 

アルファGPCビオってどんな商品?

 

まず始めに子どもの身長を伸ばす商品には、普段の食事からでは補えない栄養を補給する商品と、成長ホルモンに作用する商品の2つに分ける事ができます。

 

 

たとえば、アスミールやセノビック、のびのびスムージーなんかが前者に当たります。

 

 

これは、食事だけでは補えない主要栄養素を効率的に摂ることで、元気な体つくりをするというものです。

 

 

それに対し、成長ホルモンの分泌を促してくれる効果があると言われているのが、ドクターセノビルやアルファGPCビオになります。

 

 

この後で詳しく説明していきますが結局のところ、身長を伸ばすにはこの成長ホルモンの分泌が重要になるんです。

 

アルファGPCビオは成長のカギを握っている!?

 

「身長が伸びる=骨が伸びる」と、思われがちですが骨がそのまま伸びて大きくなるわけではありません。

 

 

身長が伸びるには、以下の2つの細胞がカギを握っています。

 

アルファGPCビオ

 

●破骨細胞(はこつさいぼう)・・・古い骨を溶かして壊す。

 

●骨芽細胞(こつがさいぼう)・・・新しい骨を再生する。

 

この2つの細胞が破壊と再生を繰り返すことで、徐々に軟骨が骨に変わっていき身長が伸びていくんですね。

 

 

しかも思春期と呼ばれる成長期では、新しい骨を再生する骨芽細胞の働きが活発なため、破壊されるスピードよりも新しい骨をつくる細胞のほうが早いので、どんどんと骨が伸びていきます。

 

 

そしてもう一つのポイントが「骨端線(こったんせん)」を伸ばしてあげることです。

 

アルファGPCビオ

 

この骨端線を刺激してあげる事で背が伸びます。

 

 

骨端線は成長軟骨帯(成長板)と言われている、成長期特有の軟骨組織

 

 

ここで軟骨内骨化と呼ばれる軟骨が骨に置き換わる現象(骨化)が起こり、骨が伸びていきます。

 

 

ただ、この骨端線は男子では「17歳前後」、女子に至っては「15歳前後」で閉鎖してしまうんです。

 

女子は男子に比べて思春期が早く来るために、骨端線もその分早く閉じてしまいます。そして一度閉鎖してしまった骨端線は、現在の医学では二度と開くことはできません。

 

つまり身長を伸ばすポイントは

 

 

骨芽細胞の働きを活発にする

 

骨端線があるうちに刺激を与えてあげる

 

 

この2つがポイントになります。そして、そのカギを握っているのが「成長ホルモン」になるんです。

 

アルファGPCビオで得られる3つの効果とは

 

ここからは、アルファGPCビオで得られる効果についてお伝えしていきたいと思います。

 

成長ホルモンの分泌を促してくれる

 

上記でお伝えしたように、身長が伸びるには成長ホルモンの分泌を促してあげる事が大切なんです。

 

 

成長ホルモンは、脳の中にある脳下垂体という部分から分泌されます。

 

 

脳下垂体は成長ホルモンだけでなく、全身のホルモンを分泌する分泌腺で、体内器官の機能維持及び再生を調節している大切な器官なんです。

 

 

アルファGPCはこの脳下垂体に働きかけて、成長ホルモンの分泌を促すことが近年の研究で判明しています。

 

 

アルファGPCは2009年に栄養補助食品として、厚生労働省にも認められた成分

 

 

でも、サプリメントが脳細胞に直接影響を与えるって、にわかに信じがたいですよね。

 

 

脳は体の生命維持のために一番重要な器官です。

 

 

そして脳にもたくさんの栄養成分が吸収されるのですが、実は体には問題なくても脳にはマイナス作用を及ぼす成分もあります。

 

 

ですので、脳に吸収される前に「脳血液関門」と言う、言わば「脳の関所」によって、必要なものとそうでない成分をふるいにかけます。

 

 

そこでアルファGPCは必要な成分として認められ、脳に直接作用することができるんです。

 

 

脳下垂体にアルファGPCが摂取されることにより、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

 

 

そして分泌された成長ホルモンは、血液によって肝臓に運ばれソマトメジンCという成長因子をつくります。

 

 

それが骨に届くと軟骨細胞が増殖し、背が伸びるのです。

 

副作用の心配がない

 

脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促すって思うと、副作用が心配になる親御さんもいるかと思います。

 

 

結論から言うと、副作用の心配は極めて低いと考えられます。

 

 

その理由として

 

 

医薬品ではなく、サプリメントであること

 

母乳にも含まれている成分であること

 

 

この2つが挙げられます。では、一つずつ見ていきましょう。

 

医薬品ではなく、サプリメントであること

 

アルファGPCビオは、あくまでもサプリメント(健康補助食品)です。

 

 

医薬品は効果(作用)に即効性がある代わりに、副作用があります。

 

すべての方に副作用が出るわけではありません。もし、そうであれば認可されませんからね。また、重篤な副作用が出る場合も同じです。

 

ただ、サプリメントは医薬品と違い、成分の含有量や品質に規制や基準がないため、中には無認可・無許可の医薬品成分が配合されたモノもあるようです

 

 

そのことにより、アレルギーや肝障害といった健康被害もしばしば報告されているので、注意が必要です。

 

 

その点、アルファGPCビオは

 

 厚生労働省から認められた成分

 

 4,000例以上に及ぶ臨床試験の実施

 

 安心の日本製

 

とくに臨床試験では、東京医科大学病院の心臓血管外科でも臨床試験が行われ、学会でその有効性が発表されているほどです。

 

 

しかし、いくら安全に配慮して作られているからと言え、全ての方に副作用が出ないわけではありません。

 

 

場合によっては腹痛や吐き気が現れる事もあるようですので、服用する時は必ず用法・用量を守って使うことが大切です。

 

母乳にも含まれている成分であること

 

アルファGPCは、母乳をはじめとして全ての細胞に存在している重要な栄養素成分です。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんが初めて口にするのが母乳。これだけでも、どれだけ安全かが分かると思います。

 

 

ただ、アルファGPCビオに配合されているアルファGPCは、当たり前ですが母乳からつくられたものではありません。

 

 

アルファGPCビオの原料は、遺伝子組み換えをしていない大豆を使用しています。

 

 

アルファGPCは正確に言うと、大豆レシチン(大豆に含まれるリン脂質)を加水分解して得られる「グリセロホスホコリン」という成分です。

 

 

母乳とは違いますが、成分的には同じなので安心して使うことができます。

 

サプリメントなので継続しやすい

 

子供の成長商品は「飲料水」「サプリメント」の2種類があります。

 

 

よくあるのが牛乳に粉を溶かして飲むタイプですが、商品によっては溶けづらかったり美味しくないなどで、子どもが飲んでくれない、もしくは続けてくれない、なんてこともあるようです。

 

 

実際に我が家も粉を溶かして飲む商品を試してみましたが、全然溶けてくれません。

 

 

しかも「マズい!」と、息子も飲むのを止めてしまった経験があります。

 

 

その点、サプリメントならそんな煩わしさはありませんし、作る手間もいりません。

 

 

ただ飲むだけなのでとっても簡単です^^

 

まとめ

 

結局のところ、継続しなければ効果は期待できません。

 

 

上記でもお伝えしましたが、子どもの成長期は女子なら15歳前後、男子は17歳前後。

 

 

そして、思春期と呼ばれる約2年間が身長をグッと伸ばす最大の時期になります。

 

 

たったの2年間で、この先の子どもの身長が決まってしまうと言っても、過言ではありません。

 

 

背が高くてデメリットになることはほとんどありませんが、背が低いことでのデメリットはたくさんあります。

 

 

いじめられないか心配

 

部活でレギュラーをとれない

 

背が低いことで彼女ができないかも

 

背が低いことがコンプレックス

 

将来、就職にも影響するかも

 

 

など、挙げればきりがありません。

 

 

「どうしようか?」と悩んで時間ばかり過ぎていませんか?

 

 

親が出来る事は限られていますし、成長期も限られています。

 

 

身長が伸びる大切な時期に、親子で頑張ってみませんか?そして、一緒に喜べる日が来るといいですね。

 

 

アルファGPCビオ

 

 

トップへ戻る