アルファGPCビオの飲み方は?これ知らないと効果が半減!?

アルファGPCビオの飲み方や飲むタイミングは?

アルファGPCビオ

 

子どもの成長を応援してくれるサプリメント「アルファGPCビオ」。

 

累計販売数70万個を突破した現役小児科医も推奨していますが、効果的な飲み方はあるのでしょうか?

 

そこでこの記事では、アルファGPCビオの飲み方から飲むタイミングまで、わかりやすくまとめてみました。

 

※2021年よりアルファGPCビオは「GPC One(ワン)」として販売されています。

 

>> アルファGPCワンを試してみる<<

 

アルファGPCビオの飲み方

 

アルファGPCビオは基本的にサプリメントなので、用法用量を守れば好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

飲み方も水やぬるま湯で飲むだけ。

 

アルファGPCビオは

 

  • グリセロホスホコリン(GPC)
  • ビオチン
  • グリセリン
  • HMPC植物カプセル

 

と、たくさんの成分が入っているわけではありませんが、中には水以外で飲むと相性の悪い取り合わせもあり、効果を弱めてしまいます。

 

なので、最大限の効果を得るためにも、サプリメントは常温の水で飲むことをおすすめします

 

また、病院から処方される薬のように飲み合わせの心配もとくに気にすることはありませんが、気になる方は主治医や薬剤師に相談してください。

 

アルファgpcビオ

 

アルファGPCビオのデメリットとしてはカプセルが少し大きいので、小さいお子さんは飲みにくいかもしれません。

 

その場合は、牛乳に溶かして飲んでも大丈夫なのでお子さんが嫌がらない飲み方を選ぶようにしましょう。

 

アルファGPCビオを飲むタイミングは?

 

アルファGPCビオを飲むタイミングは自由ですが、より高い効果を得るには「就寝前」がおすすめです。

 

この理由としては

 

  1. 成長ホルモンが分泌される時間と合致する。
  2. 胃に負担がかかりにくい。
  3. 消化器官が活発に活動する。

 

などがあげられます。

 

では、一つずつ解説していきます!

 

成長ホルモンが分泌される時間と合致する

 

身長が伸びていく上で欠かせない「成長ホルモン」。

 

この成長ホルモンの分泌量が少ないことで、身長の伸びが鈍くなったり成長が止まってしまう場合もあります。

 

つまり「子どもの段階でいかに成長ホルモンを分泌させることができるか」ということが重要です。

 

で、最近の研究では成長ホルモンが最大限分泌させる時間が「睡眠時」。

 

若年男性の60〜70%、若年女性の50%は睡眠時に成長ホルモンが分泌されます。

 

もっと詳しく言うと「寝入りの2〜3時間後」に成長ホルモンの分泌量が最大になることがわかっています。

 

 

以前は22時から2時が黄金タイムといわれていましたが、これには根拠がなく都市伝説なので信用しないようにしてください。

 

ただし、成長ホルモンの分泌量は「睡眠の質」とも深く関係しています。

 

睡眠の質を上げるには、自律神経のスイッチをオフにして脳をリラックスさせておくことが重要。

 

なので

 

  • 寝テレビ・寝スマホ
  • 寝る前の入浴
  • 寝る前の読書

 

これらは自律神経を興奮させてしまうので気をつけるようにしましょう。

 

もっと詳しく知りたいなら、こちらの記事がおすすめ↓

 

アルファGPCビオを効果的に飲む時間は?コレ知らないと効果が半減!?

 

胃に負担がかかりにくい

 

子どもは大人と違い胃も強くなく、空腹時に摂取すると「むかつき」などが現れやすくなります。

 

飲み方としては、夕食の後に摂取することで胃への負担を軽減することができます。

 

消化器官が活発に活動する

 

夕食後は消化器官の活動が活発になります。

 

とくに夜の22時〜翌2時までが一番活発になる時間帯。

 

この理由としては、消化器官がはたらくのは副交感神経が優位な時間になるから。

 

 

副交感神経が優位なときは、リラックスしている時です。


 

この時間に消化器官がリラックスしていることで、アルファGPCビオの成分を効果的に吸収することができるので、効果も期待できるというわけです。

 

アルファGPCビオの飲み方まとめ

 

アルファGPCビオの飲み方をまとめると

 

  • 服用方法は1日1回
  • 飲むタイミングはいつでもOK
  • 服用時は水もしくはぬるま湯
  • ベストなタイミングは就寝前

 

こんな感じです。

 

飲み方として定められている用法用量を守り、成長ホルモンを促すサポート約としてうまく活用しましょう!


page top